下書きのラフスケッチ

この記事は1分で読めます

img215 (400x357)

 

 

よく下書きをする時に1枚の紙にいろんな絵を描きます。

厳密に言うと、いろんな情報の絵を描きます。

無意識でなんとなく描いてましたが、これはあるノート術の方法に基づくらしいです。

 

その方法というのはマインドマップというのをご存知ですが、実際はこの方法は文字を描く感じになるのですが、もともとはダビィンチが描いていたメモを参考にしたノート術で、絵を描く時には大体普通に使われるとともいます。

 

絵を描く人の脳の思考はおそらく1方向だけでなく、上下、左右、前後ろと想像が広がっているものと感じます。

 

そんな意味では下書きという作業は、絵を描く意外にも必要になるスキル(?)ともいえます。

 

頭の中の形にない物から、下書きにより初めて形になる瞬間の重要な絵になります。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014 05.15

    人物デッサン

  2. 2014 04.28

    鉛筆で描く絵

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。