思いの似顔絵ご案内

似顔絵と聞くと顔を描く連想しますが

「思いの似顔絵は顔を描きません」

ではなんの似顔絵を描くかというと

あなたの思い、連想、想像、考えを表現します。

簡単なイメージで言うならば

街の占いがありますが、占いの表現手段は主に「言葉」です。

その「言葉」に占い師は占星術や統計学を勉強した結果の料金が発生します。

ユイが提供する「思いの似顔絵」は占いに近い部分を表現が「絵」になります。

「絵」は形に残りますその残った形を視覚的にそのときの「思い」「想い」を

振り返り現在の生活を豊かにしていただければ幸いです。

ではどのように絵を作成していくか

大きく3段階に分かれます

 

 

①ディスカっション
ここの工程では絵は描きません
先ほどの例の説明で占いと表現しましたが
占いではなくあなたと対話してユイが感じ取った
インスピレーションを絵に表現するので
最初はお会いして何を思うのかを理解しないと絵で表すことができません。

①のディスカッションでは
1~4回、街にあるカフェや公共の場所でお会いして
1~3時間のコミニュケーションをとります。

この時にかかる費用がカフェのお茶代、対面での1回お会いするのに800円
あなたのお時間がお客様負担になります。
ここでご注意はインスピレーションの問題なので
全くイメージが出ない場合も稀にあります。
その場合申し訳ありませんが半年後のサイクルなどで再度お会いします
発生した金額を負担していただくことになります。

 

 

②インスピレーションが出てくれば
下書きを始めます、この時にもう一度お会いして
その場で下書きを1枚から数枚仕上げます。

形に残るものとして
下書きラフ、1枚から数枚。
清書した仕上げの1枚

ここまでであわせて14000円
今は8400円で行います。

鉛筆画が基本で仕上げにはデッサン用の鉛筆で仕上げます。
こちらは本体の値段で額希望の方は別料金になり
用紙サイズはA4の一律です。

 

 

③着色の表現
鉛筆画でご希望の方はそこで終了で
過去のインスピレーションでほとんどの場合は色彩があります
その着色を望む方はこの工程になります

再度お会いして以前の鉛筆仕上げをベースの絵を利用しますが
稀にイメージが変わる方がいらっしゃるかもしれません。
そういった場合も含めて再度お会いしてイメージをまとめる作業をいたします

まとまれば
その場で着色をし、数枚描きます
最終的には着色清書いたします

ここまで購入されたからは
サービスでドローイングの似顔絵を描きます。

 

 

絵のデザインは基本ユイのフィルターを通した表現が基本になります
あなたの趣味や好き好みそぐわない場合もありますが
できるだけ受け入れていただければと思います。

そこで新しい自分の発見もしていただければ幸いです。

 

完成した作品はコピーをさせていただき匿名で
WEBサイト上の掲載とコピーをとったもので
ギャラリーを開催していきます。

その時に名前や写真希望の方は言っていただければけ表にだします。

RETURN TOP