シャッターのペイント

この記事は1分で読めます

2003年 大阪心斎橋アメリカ村のシャッターペイント 落書きを防止するために、アメリカ村周辺の地主の人から 依頼がありシャッターに描きました。

落書き等誰でも簡単補修剤 116-1658_IMG (400x300) 元々の絵をキャンバス上にするため白塗りから始めます。 これが結構時間がかかること。   116-1659_IMG (400x300) ある程度白塗りができれば描き始めます。 当時友人に手伝いをおねがしていました。   116-1660_IMG (400x300) この段階になるまで実に4時間ぐらい、結構手間かかります。   116-1661_IMG (400x300) 地主の人も様子を見に来てくれました。   116-1662_IMG (400x300)     7割完成し最後のキャラを描く途中 116-1663_IMG (300x400) 梯子にのり細かいところを描いてます。   116-1665_IMG (400x300) 仕上げが完了したのは夜の8時で約11時間かかりました。 116-1667_IMG (400x300) その後落書きされることはなくなりましたが、 4年ぐらいしたのち、このシャッター壊れてしまい 現在はこの絵はなくなっています。 116-1666_IMG (400x300) そういう意味では歴史に残る壁画というのは 何百年も存在し続けてすごいことだと感じます。 またシャッターの絵の依頼などあれば描きたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。